ミリタリー妻奮闘記

米軍人と結婚してイタリア在住中。アメリカ、イタリア、日本の文化の違いなどを発信していきます。たまに愚痴もあるかも笑

日本のcommissaryとNex

私が夫とまだ付き合っていた頃、彼が初めてベースに連れて行ってくれたことを今でも覚えています。ベースには前に入ったことがあるのですが、それはオープンベースの日だったため、行動範囲が限らていました。私は、ベースに行くことをとても楽しみにしていました。お目当てはNex(免税店)とcommissary (スーパー)を見に行くことでした。もちろん、私が購入できないことは知っていましたが、一度でいいから入って中を見てみたいと、当時はわくわくしていました。

まず初めにNexに行きました。中は広く、洋服、化粧品、宝石店、日用品、酒類などなど様々なものが売られていました。メイビリンのマスカラは4ドルだったように記憶しています。日本のスーパーでは1200円ぐらいしますよね。Nexで売られているのはアメリカで売られているものと同じもの。日本なのにアメリカのお店がある。なんとも不思議な空間でした。唯一Nexでアルコール類が買えます。通常アメリカでは21歳からアルコール類の購入が可能ですが、ベースの中では、18歳以上の軍人が買えます。お酒類も安い!そして、日本のスーパーでは買えないビールやお酒がたくさん売られていました。

次に向かったのはcommissary。野菜はアメリカから輸入されてくるものと、日本からのがあります。値段はそんなに安いと感じませんでした。お肉は安い印象を受けました。ドル表示だから安く感じるのかな?アメリカのお菓子、レトルト食品、冷凍食品などを見て、興奮する私。そのとなりで、早く帰りたそうにする彼。普段行くことができない場所に来たときはテンションあがりますよね。

結婚してから自由にNexとcommissaryに行き来できるようになり、もう興奮はしなくなりました笑。ここイタリアのベースのNexとcommissaryは非常に小さいです。必要最低限のものしかないように感じます。イタリア(ナポリ)にはアジアンストアーもあまりなく、イタリアのスーパーにはアジア食品の種類があまりないので、commissaryで買うしかないのです。種類はすごく限られますが。。。そして、野菜類はとても高い!ある人がズッキーニを4本かったら12ドルしたと。。。オフベースでは多分2ユーロ以下で買えると思います。

次回、Nexとcommissaryの運営の違いを書きたいと思います。