ミリタリー妻奮闘記

米軍人と結婚してイタリア在住中。アメリカ、イタリア、日本の文化の違いなどを発信していきます。たまに愚痴もあるかも笑

アメリカで2ヶ月半生活してみて感じたこと

早いものでイタリアに来て1ヵ月が立ちました。まだまだ、文化、環境、イタリア人に慣れませんが、ぼちぼちやっています。

 

今日は、アメリカで約2カ月半住んで思ったことを書きたいと思います。イタリアに来て、アメリカにいたときは気づかなかったことが多くあります。「ベースに住んでいるからほとんどアメリカ文化じゃないの?」と思う方もいらっしゃるかと思いますが、全然違います。お店などで働いている人は90%はイタリア人です。

 

1.アメリカ人は道ですれ違った時や目があったときに「HelloやHi」を言ってくれる。言ってくれなくても笑顔をしてくれる。

→これはイタリアに来て、すごく感じました。欧米人は全員笑顔で挨拶してくれるのかと思っていましたが、イタリア人は全くです。中にはフレンドリーの人ももちろんいますが、10人に1人ぐらいです。外国人に対して保守的なのでしょうか?

 

2.アメリカ人のウエイターはよく気が利く。

→これはチップのせいもあるかもしれませんが、イタリアのレストランではオーダーをとった後全くお客さんのことを気にしません。

 

3.料理のバリエーションが多い

→イタリアってあんまり料理の種類がないんですよね・・・。どこのレストランも似たり寄ったり。それに比べアメリカは移民も多いのもあり様々な料理があって飽きませんよね。

 

4.家が広い

→アメリカにいたときも思っていましたが、やっぱり大きいです。イタリアではそんなに大きな家はなく、家の中もそれほど広くありません。

 

5.運転がそんなに乱暴ではない。

→一人一台車を思っているアメリカ。アメリカにいたときは、ちょっと荒いかな?と思ったこともしばしば。ですが、イタリアはもっとすごいです。センターラインなど気にしません。駐車も線の中に収まってなくても全然平気。左折だって右折だってウィンカーなど出しません。イタリアでの運転は怖いです。

 

以上がアメリカで2カ月半生活したときには気づかなかったことがイタリアへ来て気づいたことです。アメリカに行かれたとき、ほかに気づいたことがあったら教えてください。